2021年 1月 17日 (日)

DTIメールで送受信障害 「転職活動に支障」の声も

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   インターネット接続業者のドリーム・トレイン・インターネット(DTI)が提供している「DTI Cloud Mailサービス」で2010年9月3日、障害が発生し、メールの送受信が困難な状況となった。障害発生から2日が経過した5日午後現在も「メールの滞留」は続いており、ネットには利用者の怒りの声が書き込まれている。

   DTIが9月4日になって発表した内容によると、3日18時50分頃、「Cloud Mailサービス」で、「物理サーバーの再起動によって」複数のサーバー群に負荷の高い状況が発生し、メールの送受信がともに困難になった。

「メールの紛失はない」と強調

   その後同社は一部ドメインのユーザーを暫定サーバーに切り替えるなどして対応。同社は5日13時、自社サイトで「メール送受信は5日11時の段階で復旧した」と公表した。しかし、障害発生中に配信できずに滞留しているメールが、ユーザー1人当たり平均で16通あり、これらについては全体の負荷バランスを見ながら順次配信するという。

   利用者には「本日(5日)深夜から明日早朝を目処に対応を行っております。大変お時間を頂きまして誠に申し訳ありません」と謝罪。「メールの紛失はございませんのでご安心ください」と強調している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中