2019年 12月 7日 (土)

雑誌を「切り売り」配信 中吊り見て記事購入可能に

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   電子書籍ビジネスが多様化の兆しを見せ始めた。出版物のデジタル版を1冊まるごと提供するのではなく、記事単位で販売したり、主要記事だけを配信したりするサービスが登場している。

   「読みたい記事だけ選んでダウンロードできる」となれば、読者にとっても好都合だ。ただ現時点では、雑誌発売日と同時にデジタル版が出ないケースもあるなど課題も残っている。

プレゼン資料作成に役立つ?

記事単位で購入でき、そのまま読めるのは魅力
記事単位で購入でき、そのまま読めるのは魅力

   データベース事業を手がけるジー・サーチは2010年9月1日、電子書籍や雑誌の販売サービス「G-Searchミッケ!」を立ち上げた。ビジネス誌や調査報告書のデジタル版を配信するが、最大の特徴は、記事ごと、章ごとに「切り売り」している点だ。

   1冊の雑誌が、特集や連載、コラムなどに切り分けられ、PDFファイルで販売されている。特別なビューワーも必要ないため、アイフォーン(iPhone)やアイパッド(iPad)を使ってデジタル版の記事をダウンロードすれば、そのまま閲覧可能だ。

   ジー・サーチのデータベースビジネス部は、ビジネスパーソンがプレゼン資料をつくる際、「調査データの第1章だけ必要」「参考になるのはこの特集」といった場面でニーズに応えられる、と話す。移動中の電車で中吊り広告を見て、気になった記事だけを手に入れられる手軽さもウリのようだ。

   ソフトバンクが2010年6月1日に始めたコンテンツサービス「ビューン」の場合、新聞・雑誌合わせて31種類をアイフォーンやアイパッド向けに提供する。ビューン用の無料アプリケーションを使って、雑誌は主要な記事が「紙版」と同じレイアウトで読め、新聞は特別に編集された内容が配信される。西日本新聞などは、日付が変わるとすぐに配信され、朝刊の配達時間よりずっと早い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中