2019年 8月 20日 (火)

不況のラスベガス覆う悪夢 「ネットカジノ」合法化法案提出

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   カジノで有名な米国屈指の観光地ラスベガスが、「ネットカジノ合法化」に揺れている。既に法案が提出され、議会で承認される可能性もある。

   現在は違法であるネットギャンブルが法律的に認められれば、カジノ施設を多数抱え観光の柱となっているラスベガスにとっては大きな痛手。ただでさえ疲弊している経済に大きな打撃を与えることになる。

合法化で400億ドルの税収増に貢献

ネットカジノ合法化で店舗が消える?
ネットカジノ合法化で店舗が消える?

   インターネット上でスロットマシンやカードゲームなどの賭け事ができるサイトは、検索すると数多く見つかる。米国は、ラスベガスのようにギャンブル施設が認められている一方、ネットカジノは2006年に法律で禁じられた。

   だが2010年になって、これを合法化するための法案が議会で検討されているという。米ニューヨークタイムズ(NYT)紙によると、大手リゾート企業数社が中心となって、一部の遊戯がネットでも認められるように後押ししたようだ。7月28日の下院金融サービス委員会で法案は通過。上下両院での審議を待つ。

   ネットカジノが全面的に認められれば、カジノ施設を運営する企業の収入に影響する。そのため、ある専門家は、実店舗の収益を害する恐れの少ないポーカーだけが合法になるのではないか、と見ているようだ。議会の課税合同委員会の試算では、法制化により今後10年間で400億ドル以上の税収増が見込まれると米ウォールストリートジャーナルは書いている。

   業界の中には、自らネットカジノを運営して、店舗運営とともに収益の柱を増やそうと考える企業もあるようだ。全米ゲーム協会(AGA)によると、2009年、米国外でネットカジノを運営する企業が米国在住者から得た収益は54億ドルと推計。「違法状態」でこの金額に上るのだから、合法となれば米国内でネット事業を営むケースが増え、愛好者はカジノ施設に行くのをやめてオンラインに走る可能性もある。全米の店舗型カジノの売り上げは2008、09年と2年続けて減少した。ネット合法化となれば、さらに落ち込みを加速するかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中