2019年 11月 13日 (水)

「初音ミク」人気世界に急拡大 英紙は「地球上で最大のポップスター」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   歌うバーチャルアイドル「初音ミク」が海外の新聞記事で「地球上で最大のポップスター」と大々的に報じられなど、知名度が世界規模になってきた。開発・販売したクリプトン・フューチャー・メディアもそれを認め、ヨーロッパ、アメリカだけでなく、ロシア、南米にも人気が拡大しているという。今後は現地の要望に応え、コンサートの開催なども検討する。

   「初音ミク」はクリプトン社がヤマハの音声合成システム「VOCALOID2」を元に開発したバーチャルアイドル。まるで人間のように自作の曲を歌わせることができると評判になり、2007年8月の発売と同時に爆発的にヒットした。投稿動画サイト「ニコニコ動画」や「ユーチューブ」にはおびただしい数の動画がアップされ、800万回以上閲覧された動画もある。

   CDやゲームも発売され大ヒット。2010年3月にはホログラムを使ったコンサートが「Zepp Tokyo」で行われチケットは瞬時に完売。その模様を収めたBD、DVDが発売されている。

「彼女が世界征服することを誰も止められない」

英紙METRO電子版に掲載された初音ミクの記事
英紙METRO電子版に掲載された初音ミクの記事

   イギリスで最も有名なタブロイドフリーペーパー「METRO」は2010年10月21日、「ミク」に関し「彼女は、地球上で最大のポップスターの一人」と大々的に報じた。

   彼女の人気は「ニコニコ動画」や「ユーチューブ」を通じて広がったと分析、CDセールスの大成功だけでなく、想像で作られたはずの彼女は、3Dホログラム技術を使い実際にコンサートまで開催するまでなったとしている。そして、本物のミュージシャンよりもバーチャルな彼女の方が人気になっている、などと書いている。

   エクアドルやチリでも大きな記事になった。エクアドルの「EL UNIVERSO」は10年9月8日付の電子版で「骨も肉もない有名な芸術家」との見出しを掲げ、何千人も収容するアリーナを満員にできる人物だと紹介した。彼女はユーザーの手によって作られた歌を歌い、たくさんのオリジナル動画に登場しているが、この「電子」で作られた彼女を知れば知るほど、

「恋に落ちてしまったとしてもしかたがない」

   と絶賛している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中