2023年 2月 1日 (水)

「障害者バラエティ」笑っていいのか? NHK教育テレビの2時間特番が大反響

40th Anniversary Adventurers Stone

   障害をネタにして視聴者を笑わせる――。こんなタブーとも思えるようなバラエティ番組をNHKが手がけ、反響を呼んでいる。

   障害者がお笑いを演じる教育テレビの番組名は、「笑っていいかも!?」。そのネーミングもぶっ飛んでいるが、番組はしょっぱなから視聴者の度肝を抜く。

ゲストから繰り返された自問自答

コントに戸惑いも
コントに戸惑いも

   自らも脳性マヒを患っている司会の自立生活センター職員、玉木幸則さんが、たどたどしい声で番組の趣旨を説明すると、同じ司会でラジオDJの山本シュウさんがこう突っ込むのだ。

「字幕出てますかあ~?字幕」

   番組は、教育テレビ番組「きらっといきる」の中で2010年4月から月1回バリアフリー・バラエティとして始めた「バリバラ」の特番だ。12月4日夜に2時間かけて放送され、番組内では、障害者のお笑い日本一を決める「SHOW-1グランプリ」などが行われた。

   このグランプリには、41組の応募があったといい、予選を通過した7組のコントを紹介。その中で、初代グランプリに輝いた「脳性マヒブラザーズ」の2人のコントは、ネット上でもその内容が話題になるほどだった。

   患者役のDAIGOさんが「風邪だと思う」と明かすと、医者に扮する車いすの周佐則雄さんが症状を聞く。DAIGOさんが「手が動かない。体も震える。うまくしゃべれない」と言って早口言葉を口ごもると、周佐さんは、あっけらかんとこう言うのだ。

「あなた、風邪じゃなくて脳性マヒですね!」

   コントでは、「風邪で震える!」「脳性マヒでしょ!」といった押し問答を続け、最後にどんでん返しで締めくくっている。

   障害をネタにしているだけに、番組内では、「果たして笑っていいのか?」との自問自答がゲストらから繰り返された。しかし、その1人のカンニング竹山さんは、爆笑してしまったことを認めたうえで、「お前ら汚ねえよ! どれだけ武器生かしてんだよ!」とその威力に舌を巻いていた。

姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中