2019年 9月 23日 (月)

実はブラウン管で地デジOK アンテナ、チューナー使わぬ方法

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   地上デジタル放送(地デジ)へ完全移行する時期が迫り、総務省は地デジ対応テレビへの買い替えやアンテナの工事といった準備を進めるよう呼びかけている。

   だが実際は、アナログ放送終了後もブラウン管テレビのような地デジ非対応の受像機も使える。しかもデジタルチューナーの設置なしで地デジ放送を視聴できる方法があることは、あまり広報されていないようだ。

地デジ機器「駆け込み需要」で過去最高の出荷

アンテナを新設せずに地デジが見られるケースも
アンテナを新設せずに地デジが見られるケースも

   総務省が、地デジに関する相談窓口として開設した「デジサポ」のサイトには、地デジのCM動画が流れている。2パターンある内容はいずれも「アンテナの改修の重要性」を説明するものだ。

   2011年7月にアナログ放送が終了するため、テレビは地デジ対応のものに変えるか、非対応のテレビに地デジチューナーを内蔵した録画機をつなぐかといった措置が必要となる。アンテナも、使っていたものがそのまま地デジに対応しない場合があり、そうなると新たに設置しなければならない。

   完全移行が近づいたことで、地デジ関連製品は「駆け込み需要」が生まれた。電子情報技術産業協会が11年1月25日に発表した、テレビやチューナー、デジタル録画機といった「地デジ受信機器」の10年12月の国内出荷実績は、前月に続いて過去最高を更新。1か月だけで559万台に上った。

   地デジ移行後もアナログテレビを使用したい場合、ケーブルテレビ(CATV)に加入していれば可能だ。アンテナの設置も不要で、デジサポのサイトでもこの点には触れている。ただし視聴の際には、CATV業者が貸し出す専用チューナーに接続しなければならない。

   これに対して、NTT東日本が提供する光ファイバーを利用した接続サービスなら、アンテナどころかデジタルチューナーも不要だ。アナログ放送終了後も、機器の追加やアンテナ工事なしでブラウン管テレビを使い続けられるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中