2018年 7月 23日 (月)

文明堂総本店、甘いカステラ6000人分を被災地へ

印刷

   カステラの老舗・文明堂総本店は被災地に向けて1切れずつ包装したカステラ6000人分をトラックに詰めて送り出した。カステラは2011年4月13日の午前に宮城県に到着し、約20の避難所で配布されたという。

   厳しい避難生活の中で、甘いカステラでほっと一息ついてほしい、という思いから行ったこの支援。これまでは、賞味期限が約2週間なので到着が遅れる可能性のある宅配便では届けられずにいたのだが、今回トラックで救援物資を運ぶという同市の雑貨店「手づくり職人百貨店 心風」に申し出て、一緒に運んでもらった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中