2019年 3月 20日 (水)

日本初の緊急避妊薬「8割に有効」 コンドーム使わなくなる可能性も

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本初の緊急避妊薬が発売され、その影響に関心が集まっている。これを適切に飲めば、8割の人が妊娠を避けられるというが、乱用も心配されているというのだ。

「売れ行きはまだ分かりませんが、マスコミからの問い合わせは多いですね」

服用には医師の処方箋が必要

サイトでも紹介
サイトでも紹介

   緊急避妊薬「ノルレボ錠」を2011年5月24日に発売した反響について、あすか製薬の広報部長は、こう話す。

   世界各国で普及している緊急避妊薬は、これまで日本では、国に承認されていなかった。その代わりに、産婦人科などでは、緊急避妊薬としては未承認の中用量ピルが代用されていた。ただ、代用ピルは、効き目はあるものの、月経困難症などで使う強い薬のため、吐き気や頭痛などの重い副作用が伴うデメリットがあった。

   これに対し、あすか製薬によると、国の承認薬となったノルレボ錠は、含まれるホルモン量が中用量ピルより少ないため、副作用も少なくて済んでいる。そして、性行為後、72時間以内に服用すれば、約8割の女性が妊娠を阻止できるというのだ。モーニングアフターピルと呼ばれる避妊薬は、ノルレボ錠を指すことが多いという。

   その使用は、性犯罪の被害に遭ったり、コンドームが破れて避妊に失敗したりした緊急時が想定されている。結果として、人工妊娠中絶が減る効果も期待されているようだ。服用には、医師の処方箋が必要で、錠剤は1回につき2錠飲む。ただ、保険は効かず、窓口での価格も決まっていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中