2018年 7月 21日 (土)

LED電球が「白熱」を抜いた 5月第4週の量販店シェア

印刷

   LED電球の販売が急増している。家電量販店の販売動向を調査しているジーエフケーマーケティングサービスジャパンによると、2011年5月第4週の販売状況は、電球の全販売個数に占めるLED電球の割合は42.3%と4割を超え、白熱電球の割合(39%)を初めて上回った。電球形蛍光管は18.7%。LED電球の販売個数は前年同期の2.9倍。

   東日本大震災後の節電意識の高まりが背景にある。5月の1か月間でみると、LED電球37.2%、白熱電球43%だった。

   LED電球は、消費電力が白熱電球の約7分の1で、寿命も長い。最近では、参入メーカーが増えていることや、光の明るさが広がらないなどの難点が解消されてきており、さらに需要は伸びそう。夏にはシェア5割を超える可能性がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中