2019年 8月 18日 (日)

「ほっしゃん。」ブログが炎上 「すべらない話」告白は「いじめ」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   大人気トーク番組「人志松本のすべらない話」でお笑い芸人の「ほっしゃん。」が、中学時代に同級生のメガネを鍋に入れて煮込んだ、と告白した。ところが、自身のブログのコメント欄に「イジメはヤメロ!」といった抗議が殺到し、ブログが炎上、コメント欄が閉鎖に追い込まれた。

   学校行事で毎年行われるキャンプでカレーを作る際、同級生のメガネを鍋に入れて煮込んだ。3年間続けたため、メガネのレンズが黄色くなり、まるで「グラサン(サングラス)」のようになった、というもの。収録会場は大爆笑に包まれた。

同級生のメガネをカレー鍋で3年煮込んだ

   「ほっしゃん。」が出演したのは2011年6月25日放送のフジテレビ系「人志松本のすべらない話 第20回記念大会」。お笑い界の人気者十数人が登場し「全て実話」の面白い話しを披露、チャンピオンを決めるという企画だった。「ほっしゃん。」は自分の番が来ると、中学時代のキャンプの話を披露した。

   キャンプでは3年間同級生と一緒にカレーを作って食べたが、1年の時にたまたま同じ班になった吹奏楽部部員の同級生がいて、彼のメガネをぐつぐつのカレー鍋の中に入れて長時間煮込んだ。すると、レンズにカレーが染みたのか、薄い黄色になった。そのメガネをカレーと一緒にライスの上にかけて同級生に渡した。

   体は大きいけれど真面目で大人しい生徒だった。黙って水道水でメガネを洗って、ムスッとした表情でカレーを食べる姿を見て、「めっちゃ面白かった」。

   2年の時は別のクラスだったが、キャンプの時にまたメガネをカレーで煮込んだ。3年連続で煮込んだため、「グラサン度」が増したはずなのだが、段階的に濃くなったため生徒や先生は気付かなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中