2019年 1月 20日 (日)

TBSディレクターが「ガガ」に失礼取材 和田アキ子「最低だね」と激怒

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   日曜日の人気バラエティー番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、司会の和田アキ子さんが、スタッフが用意した番組内容に露骨に不快感を示す一幕があった。レディー・ガガさんにインタビューした際の舞台裏を紹介するというコーナーだったのだが、その中で自慢げに紹介されるスタッフの不適切な行動の数々に、「最低だね」とあきれ顔だった。

   和田さんが激怒したのは、2011年7月3日に放送された定番コース「芸能&ニュース どばっと1週間」の内容についてだ。

「これは、なんのために放送してんの」

   番組では、日本への支援を続けている米人気歌手のレディー・ガガさんへの個別インタビューに成功し、ガガさんはその中で、

「アッコ、ここにきてもらえたらよかったのに」

と発言。コーナーでは、パネルを使いながら、この発言の真意を推測した。番組によると、取材クルーは現場統括のAディレクター(44)や、実質上は仕事がなかったBディレクター(33)で構成されており、必要以上に大人数だったという。

   さらに番組では、Bディレクターが(1)先にインタビューを終えた他局のキャスターに握手を求めた(2)インタビューが行われている間、衣装の下から見えるガガさんの脇の下を凝視する、といった不適切な行動をとっていたことを暴露。AディレクターはBディレクターに対して注意したというが、他の出演者からは、

「えー」 「最悪だ」 「なにそれ」

といったブーイングの声があがった。和田さんも

「これは、なんのために放送してんの」
「よくわからないけどな」

と、いらだっている様子だった。それを進行役の安東弘樹アナウンサーが

「すいません、我慢して聞いていてください」

と押しとどめた。

野球のボールにサインをおねだり

   そして安東アナは、今度はAディレクターが、ガガさんのスタッフに対して、野球のボールにサインをおねだりして断られたというエピソードを披露。さらに、Aディレクターは、

「だって、おれメジャーリーグ好きじゃん?ガガってアメリカ人じゃん?」

などと意味不明の言い訳をしたという。

   一連のやりとりを見ていた和田さんは、

「最低だね。わたしよくわからない。これから(事前にパネルの内容を)チェックするわ。私も言いたいことがわかんないんだけど」
「申し訳ないけど、これもテレビで言うことじゃないけど、要するに和田アキ子ってことで、(ガガさんのプロモーションを担当する)ユニバーサルもOKしてくれてるわけよ。で、こういうことしちゃダメだよね?歌手に対して、野球のボールとか。ちょっと、なんで放送すんねん、これを」

 と、番組スタッフの姿勢を批判した。番組の最後になっても、

「なんか今日は、スタッフ紹介で終わったような番組になった」
「あとでゆっくり、みんなでミーティングしますから。来週、楽しく放送をお送りできますように」

と、怒りが収まらない様子だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中