日銀、景気判断「持ち直している」 2か月連続引き上げ

印刷

   日本銀行の白川方明総裁は足もとの日本経済について、「震災による供給面の制約が和らぐなかで持ち直している」と、景気が改善しつつあるとの認識を示した。2011年7月12日の金融政策決定会合後の記者会見で語った。

   2か月連続の引き上げ。生産の「持ち直しの動きが明確」となり、輸出や民間需要に改善の動きが広がりつつあるという。中長期的には「電力の供給制約について不確実性が幾分増している」とし、原発の再稼働の遅れに警戒感をにじませた。

   金融政策決定会合では、景気回復を支えるため政策金利を年0~0.1%とするゼロ金利政策を維持することを全員一致で決めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中