2019年 2月 18日 (月)

ウジだらけの死骸食べる豚… 野口健が見た20キロ圏内家畜の惨状

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   アルピニストの野口健さんが福島第1原発から20キロ圏内に取り残された家畜の様子をブログで紹介し、話題となっている。

   立ち入り禁止の警戒区域では、いまもまだ多くの動物が取り残されている。野口さんのブログ(2011年7月30日付)には、南相馬市にある牧場に取り残された豚や牛が餓死していった様子、共食いをして生き延びた様子などが多数の写真付きで紹介され、切実な訴えが書かれている。

「生き延びた豚たちがジッと見つめてくる」

死骸写真が多数掲載された野口健さんのブログ
死骸写真が多数掲載された野口健さんのブログ

   野口さんが南相馬市から許可をもらい、震災後から現地に通い続けている民主党の高邑勉衆院議員とともに20キロ圏内に立ち入ったのは6月20日。視察した豚舎には、餓死した豚の大量の死骸のほか、まだ生き残っている豚もいた。野口さんは「糞尿にまみれ、また腐敗しドロドロになったウジだらけの死骸を食べている豚の姿に、吐き気に襲われ豚舎から胃液を吐きだしていた」といい、豚舎の様子を、「まるで戦場だ」と表す。

「生き延びている豚たちがジッと我々を見つめてくる。言葉は発しないが、しかし彼らの寂しげな眼差しが『助けてほしい』と私たちに訴えかけているようだった。檻から放すわけでもなく、かといって殺処分するわけでもない。彼らが餓死するまで放置される。死を迎えるその瞬間までまさに生き地獄。なんとかならないものかと、ただただ呆然とし、言葉を失っていた」

   次に向かった牛舎でも、何頭もの牛がエサをもらう姿勢のまま餓死し、横たわっていた。腐り果てた牛の頭部、1頭だけ生き残っていた牛の写真が掲載された。

「あの状況の中、人が緊急的に避難しなければならなかったのは当たり前の事。家族同然に育ててきた牧場主の気持ちを思うとあまりにも切なかった」

   その後、複数の牧場を視察する中で、ある広場で豚の殺処分の現場に遭遇する。「現場に行く」をモットーにさまざまな場所に足を運び、環境問題などに取り組んできた野口さんだが、「この現場は特に辛かった。正直、気持ちが折れかけた」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中