2019年 6月 25日 (火)

「死の街」発言は「不穏当で不適切」 藤村官房長官が苦言

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!
記者会見に臨む藤村修官房長官
記者会見に臨む藤村修官房長官

   藤村修官房長官は2011年9月9日午後の定例会見で、鉢呂吉雄経産相が東京電力福島第1原子力発電所周辺の自治体の様子について「まさに死の街」などと述べ、野党が反発している問題で、「言葉の使い方が不穏当で不適切」などと苦言を呈した。ただし、野党側が指摘している野田首相の任命責任については、

「言葉を十分に選んで適切に発言して欲しいという立場だが、それがただちに(大臣としての)適格性ということにつながるとは思わない」

と述べるにとどまった。

   野田内閣発足以降、フリーランスなど内閣記者会に所属しない記者が参加できる官房長官会見は今回が初めて。現時点でフリーが参加できるのは、平日に2回、週に10回おこなわれるうち金曜午後のみだが、

「引き続き、私はこの形でやっていきたいと思っている」

と、フリーの参加機会を増やすことには否定的な見方を示した。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中