2020年 9月 28日 (月)

「韓国からのアクセス遮断」報道で大騒ぎ ユーチューブ側「そんな事実はない」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   ユーチューブが韓国からのアクセスを遮断したと一部ネットメディアが報じ、ネット上で騒ぎになっている。しかし、記事はすでに削除され、ユーチューブ側も事実関係を否定している。

   騒ぎを巻き起こしたのは、サーチナの2011年9月12日配信記事だ。

「K-POP再生水増しに対する処置」

   「ユーチューブが韓国を遮断 K-POP宣伝ツールに使った報い」。記事には、こんな見出しが付いていた。

   それによると、ユーチューブが韓国からのアクセス遮断を発表し、韓国ユーザーは動画を投稿することができなくなった。また、再生も規制され、動画を見ても再生数にカウントされなくなったという。

   その理由として、サーチナの記事では、韓国の国家ブランド委員会がK-POP再生を水増ししている行為に対し、ユーチューブ側が処置をしたと言っている。そして、「韓国ではツールを使い複数のアカウントを切り替え再生数を捏造している」と断じていた。

   この記事が出ると、ネット上では、その真偽を巡って、議論が沸騰した。2ちゃんねるでは、祭り騒ぎになる一方で、韓国でも動画投稿が普通にできたという書き込みも相次いでいる。「切込隊長」で知られる山本一郎さんも、そのブログで、ソウルでは投稿も閲覧もできていると記事を疑問視した。

   K-POPを巡っては、コメンテーターの木村太郎さんが、2月6日放送のフジテレビ系情報番組で「広告会社に言って、ユーチューブなどに載っている動画の再生回数を増やしている」と発言した経緯はある。しかし、その後、国家ブランド委員会の事務官が公式に否定したのを受けて、番組が謝罪する事態になっている。

とすると、記事は、誤報という可能性が強いのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中