2020年 4月 9日 (木)

ポリオ「生ワクチン」か「不活性化ワクチン」か 小宮山厚生相と黒岩神奈川知事が対立

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ポリオ(急性灰白髄炎=小児まひ)の集団予防接種をめぐり、国と神奈川県が対立している。現在使われている「生ワクチン」が危険だとして、接種を控える動きが保護者の間で広がっている中、神奈川県が安全性の高い「不活化ワクチン」の接種を独自に始める方針を打ち出したからだ。

   18日には小宮山洋子厚生労働相と黒岩祐治知事の舌戦にも発展した。子どもの生命にも関わるだけに、保護者の不安が高まりかねない。

保護者は「三者択一」を迫られる

   ポリオは、ポリオウイルスが口から体内に入り、のどや小腸の粘膜で増殖、脊髄(せきずい)の神経などを破壊し、手足にまひがでる。有効な治療法はなく、運動障害などの後遺症が出ることがある。国内では1960年ごろに大流行し、年間1000人単位の患者が出たが、生ワクチンの導入後に患者は激減、1981年以降、国内の自然感染は報告されていない。

   ところが、この生ワクチンは毒性を弱めたウイルスを直接口の中に入れて免疫を作る方式。6週間以上の間隔をあけて2回接種することになっており、免疫効果は高い半面、ごく稀に体内で強毒化し、ポリオを発症する。厚労省によると、生ワクチンの接種で2001~2010年度の間に15人がポリオを発症したと認定されている(100万人に1.4人の割合)。接種した子どもから家族ら周囲に感染する場合もある。

   一方の不活化ワクチンは毒性がなく、発症しない。現状では未承認のため、個人輸入している医療機関で接種することになる。こういう人が近年は増えてきた。そして、厚労省もようやく今年5月、不活化ワクチンについて、早ければ2012年度中(2013年春ごろまで)に導入する考えを示した。

   不活化ワクチンを接種して健康被害が起きても、国内での補償・救済制度は適用されない。1回5000円前後の費用が自己負担で、生ワクチンに比べ免疫効果が弱いため、4回接種する必要があると言い、約2万円かかることになる。つまり、保護者は①リスクがあるが公費で受けられる生ワクチンを接種する、②万一の場合のリスクは自己責任で海外製の不活化ワクチンを自費接種する、③どちらも接種せずに、2013年春を待つ――の三者択一を迫られていることになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中