2018年 7月 20日 (金)

オリンパス株「売り」止らず 連日のストップ安

印刷

   オリンパスの株価は2011年11月9日も「売り」が止まらず、ストップ安(前日比150円安)の584円で引けた。連日のストップ安で1990年のバブル経済崩壊後の安値を更新。株価は、マイケル・ウッドフォード元社長解任が発表された直前の10月13日終値(2482円)から76%下落した。

   前日に、英医療機器メーカーのジャイラスや国内3社の買収資金が「損失隠し」のために利用されていたことが判明したと発表。粉飾決算や上場廃止の可能性が高まったことで、幅広い投資家からの売りが膨らんでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中