福島第1原発の吉田前所長は「食道がん」

印刷

   東京電力は2011年12月9日、病気療養のため入院している福島第1原発の吉田昌郎前所長の病名を食道がんと公表した。

   吉田氏の被ばく線量は70ミリシーベルトで、原発事故影響は考えにくいという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中