2019年 9月 19日 (木)

「下剤ダイエットで血が出た」 加藤紀子が衝撃の告白

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   タレントの加藤紀子さん(38)が、ダイエットのため下剤を過剰に飲んでいたことをテレビ番組で告白した。その結末は、悲惨だったというのだ。

   テレ朝系で2012年1月6日夜に放送されたトーク・バラエティ番組「Oh! どや顔サミット」は、芸能人がダイエットを1か月体験して変身する様子を特集した。

「通常2錠のところを毎日7、8錠」

   そのゲストに出演した加藤紀子さんは、司会の浜田雅功さん(48)に下剤ダイエットの過去をただされた。これに対し、紀子さんは、その事実を認めたうえで、ダイエットの様子をこう明かした。

「もう運動もイヤだし、食べ物どうしていいか分からないけど、食べたいので、通常2錠のところを毎日7、8錠飲んでいました」

   出演者らから驚きの声が上がり、「それまずいんじゃないの?」と言われると、紀子さんは、こう答えた。

「最終的になんで止めたかっていうと、なんか血が出た…」

   ただ、画面のテロップでは、「最大服用量を超えての使用は危険です」などと注意を促していた。

   紀子さん所属事務所のジェイビィールームによると、下剤ダイエットをしていたのは事実で、10代後半にアイドルとしてデビューした直後ごろの話だという。

   最近は、テレビや女性誌、健康情報サイトなどで、下剤を含んだとみられる「やせ薬」が盛んに取り上げられ、ドラッグストアなどでも売れ筋の商品になっている。しかし、過剰に服用すると、紀子さんが直面したような危険が多いようだ。このシーンは、芸能情報ブログでも「下剤ダイエットの末路」などと紹介され、ネット上で話題になっている。

   厚労省が2~3年前に行った調査によると、女子中学生の2%ほどが摂食障害で、そのうち半数がダイエットで「下剤を使った」と答えている。予備軍はこの数倍はいるとも報じられており、便秘外来を開設している時計台記念病院(札幌市)の宇野良治医師も、隠れて使っている若者は多いとみる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中