日立、テレビの自社生産を終了

印刷

   2012年1月23日、日立製作所は、薄型テレビ事業の再編を発表した。事業統括機能を日立の100%子会社「日立コンシューマエレクトロニクス」から、同じく100%子会社で家電製品の販売などを担当している「日立コンシューマ・マーケティンググループ」に移管する。

   これまで生産を担ってきた「日立情映テックの岐阜工場」(岐阜県美濃加茂市)でのテレビの生産は2012年度上期中に終了し、今後はすべて海外メーカーなどに委託。自社ブランド「Wooo」の企画や開発は続け、委託製品を「Wooo」として販売する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中