崩れた初音ミク雪像が復活へ 発売元「安全確保して再展示します」

印刷

   さっぽろ雪まつり中に倒壊してケガ人が出たボーカロイド「初音ミク」の雪像について、ミクの発売元が安全な場所で再展示することをサイト上で明らかにした。

   倒壊事故は、雪まつりメイン会場になっている札幌市の大通公園で2012年2月7日夕に起きた。

暖かさとバランスの悪さが倒壊原因か

サイト上でお詫び
サイト上でお詫び

   報道によると、高さ約3メートル(うち台座部分約1メートル)ある初音ミク雪像「Snow Miku 2012」が突然倒れた。その雪の塊が近くを歩いていた栃木県在住の会社員女性(61)に当たって、女性は腰の骨にひびが入る重傷を負った。札幌市内ではこの日、最高気温が2.2度と平年より2.7度高く、北海道警では、3月上旬並みの暖かさで雪が緩んで倒れたとみている。頭が大きく足が細いバランスの悪さも影響した可能性があるという。

   初音ミクは、海外サイトが行ったロンドン五輪オープニング歌手投票で1位をキープするなど、人気が広がっている。雪まつりでも多くのファンらが見に来ていただけに、残念がる声が上がっている。

   これに対し、ミク発売元クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長が7日、ブログ上で雪像が倒壊したことを遺憾とし、ケガをした女性にお見舞いの気持ちを表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中