KEIKO、素足&ミニスカートで登場 小室哲哉が順調回復アピール

印刷

   現在リハビリ中の、音楽ユニット「globe(グローブ)」のKEIKOさん(39)の様子を、夫で音楽家の小室哲哉さんが2012年2月21日にツイッターで公開した。ピンク色のミニスカートを履いた、元気な姿を見せている。

   KEIKOさんは、2011年10月24日、くも膜下出血で倒れ入院していた。手術は成功し12月に退院し、自宅でリハビリ生活を送っている。

「あたしより年上に全然見えないww」

   小室さんは、「バレンタインデー以降に病院に行ったときのスナップ!」というつぶやきとともに、ドアの前に立つKEIKOさんの全身写真をアップした。ピンク色のミニスカートに黒いセーター、黒のニットキャップ、ブーツという出で立ちで、スカートから伸びる足は素足にも見える。マスクで顔の半分は隠れているが、顔の血色は良く、順調に回復しているようだ。

   ファンからは、

「お元気そうで!!!良かった(泣)」
「これ、生足ですか?」
「あたしより年上に全然見えないww」

など、回復を喜ぶリツイートが続いている。

   また、ことしのバレンタインには、手編みのマフラーもプレゼントされたそうで、マフラーを着けた小室さんに寄り添うKEIKOさんの写真も公開している。笑顔でポーズも決めており、こちらからも元気な様子がよく分かる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中