2018年 7月 20日 (金)

ロンドン五輪でSNS禁止か 公式スポンサー保護目的

印刷

   2012年7月27日に開幕するロンドン五輪では、観客はもちろん選手も、会場内や周辺でSNSの使用を禁じられるだろう――英ガーディアン紙電子版が4月13日、このような記事を掲載した。

   例えばファンは、動画サイト「ユーチューブ」に当日の競技のダイジェスト動画を投稿したり、選手村の様子を撮影した写真を交流サイト「フェイスブック」に公開したりすることは許されない模様だ。一方選手も、朝食のシリアルの商品名をツイッターでつぶやいたり、選手村の部屋を動画で撮って流したりすることを制限されるとしている。これは、五輪の公式スポンサーのブランドや放映権の保護が目的で、「ブランド監視員」がスポンサー以外の商品や社名が流れるのを防ごうと見張りを行うそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中