三越伊勢丹、ルミネ 12年は夏セール開始を遅く

印刷

   三越伊勢丹ホールディングスやルミネは、夏のバーゲンセールの開始時期を例年の7月1日前後から2週間程度遅らせる。

   三越伊勢丹ホールディングスは2012年7月13日から首都圏の主要9店舗でセールを開始するため、現在準備を進めている。東急百貨店も13日から2週間、首都圏の4店でセールを実施。駅直結の商業ビルを運営しているルミネ(東京・渋谷区)も全15店でのセールを7月12日から開始するとした。

   バブル崩壊後に前倒しが進められてきたバーゲンセールだが、最近の消費動向は「『暑くなる前に買う』より『暑くなってから買う』という、季節の変動に合うような消費に変わってきている」(ルミネ広報)。時期を遅らせることで「欲しい時に欲しいものが揃っている」状況を作り出すことが各社の狙いだ。

   一方、松屋は例年どおり7月1日からセールを行うほか、大丸松坂屋百貨店でも1日ごろからを予定している。現段階では決まっていないという百貨店や商業ビルもある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中