2019年 1月 17日 (木)

長期金利0.865% 1年半ぶりの低水準

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   連休明けの2012年5月7日の債券市場で、長期金利の指標となる新たに発行される10年物国債(321回債)の利回りが0.865%となり、2010年10月18日以来約1年半ぶりの低水準となった。前営業日である5月2日に比べて0.020%低下した。

   米国景気の減速懸念や、6日のフランス大統領選で現職のサルコジ大統領が敗北の見通しとなったことで欧州の債務問題に対する先行き不透明感が強まり、「安全資産」とされる国債への資金流入の思惑につながっている。

   債券市場では、期間の短い新発5年物国債(103回債)の利回りが0.015%低い0.245%、新発20年物国債(135回債)の利回りは0.025%低い1.650%と、いずれも1年7か月ぶりの低水準になるなど、金利の低下圧力が強まっている。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中