2019年 10月 20日 (日)

中国でHV車を一貫生産 円高でトヨタ、現地生産を加速

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   トヨタ自動車が中国をはじめとする現地生産に「前のめり」になっている。2012年4月に開かれた北京モーターショーでは「中国産」ハイブリッド(HV)車「ユンドンショワンチン」をお披露目したばかりだが、2015年をめどに基幹部品から一貫生産する。

   一方、米国でも主力である「プリウス」の次期モデルの生産を15年前後にも開始したい考え。日本からの輸出比率の切り下げを進めることで「為替リスク」を抑える狙いがあるようだ。

HV車の一貫生産で「テコ入れ」

   トヨタは、北京モーターショーでHV車の現地生産を表明した。中国の自動車市場でのトヨタのシェアは5%前後で、上位の独フォルクスワーゲンや米ゼネラル・モーターズなどに大きく引き離されている。

   豊田章男社長が「中国で出遅れていると言われるたびに、悔しい思いをしてきた」と、現地メディアらに訴えるほどだが、いまや世界最大の市場となった中国での巻き返し策として投入するのも、「お家芸」のHV技術だった。

   その「目玉」となったのが、江蘇省常熟市の「トヨタ自動車研究開発センター(TMEC)」で開発中のHVシステムを搭載するコンセプトカー「ユンドンショワンチン」だ。

   現在、中国では「プリウス」などのHV車向け基幹部品は、日本から輸出しているので、販売価格は割高で、台数も限定される。そのため2015年にも一貫生産に踏み切る計画で、「ユンドンショワンチン」はその第1弾になる。中国にも「エコカーブーム」をもたらすことができるか、勝負どころだ。

   その一方で、北米市場は主力のプリウスが2011年は約14万台と伸び悩んでいる。国内新車販売台数では約25万台を売り車種別ではトップを快走。北米市場も国内に次ぐ販売台数ではあるが、環境に関心の高い「エコ」なユーザーを取り込めているとはいえない。

   さらに、足かせになっているのが「円高」だ。HV車はこれまで国内での生産が中心だった。それもあって、トヨタの輸出比率は同じ国産の日産自動車(16%)やホンダ(9%)と比べても群を抜く23%と高い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中