2021年 2月 25日 (木)

慶應大学院准教授に「経歴詐称」疑惑 大学「ダンマリ」で「火に油」状態

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   著書がベストセラーにもなっている慶應義塾大学の人気教員に、経歴詐称の疑惑が持ち上がっている。当初は「塾内」の話題にとどまっていたが、アルファブロガーや雑誌が記事化した上、雑誌のブログには質問状まで公開された。大学側が質問に対して木で鼻をくくったような対応をしていたことまで明らかになり、騒動に火に油を注いでいる形だ。

   渦中にあるのは、大学院政策・メディア研究科に所属する金正勲(ジョン・キム)特任准教授。

ツイッターで「私の肩書きの件で次の2点、改正させて頂きます」

慶應義塾広報室は、疑惑に対して「本件についてはお答えいたしかねます」とのみ回答した
慶應義塾広報室は、疑惑に対して「本件についてはお答えいたしかねます」とのみ回答した

   最新の著書「媚びない人生」(ダイヤモンド社)は、日経新聞に2012年6月24日に掲載された6月10日~16日のビジネス書ランキングでは、4位にランクインしている。

   ウェブサイトや著著では、

「慶應義塾大学大学院准教授。韓国生まれ。日本に国費留学。米インディアナ大学博士課程修了。英オックスフォード大学上席研究員、欧州連合研究員、ハーバード大学法科大学院客員教授等を経て2004年から現職」

といった華麗な経歴をかかげていたが、これに疑問符が付けられた。

   金氏は、突然5月27日にツイッターで、

「私の肩書きの件で次の2点、改正させて頂きます。慶応大学准教授→慶応大学特任准教授/ハーバード大学客員教授→ハーバード大学visiting scholar。混乱を招いた方々にはこの場を借りて深くお詫び申し上げます」

と明かした。「特任」の文字が抜けていたことと、「客員教授」が実際は「visiting scholar」だったことの2点について謝罪した形だ。この「visiting scholar」は一般には「訪問研究員」と訳され、客員教授とは全く性質が異なるものだ。

   政策・メディア研究科が本拠地を置く湘南藤沢キャンパス(SFC)での「お目付け役」にあたる國領二郎・総合政策学部長も、5月30日にツイッターで、

「肩書きの件の監督責任は私にあります。キムさんは特任准教授で、昨年度より対外的にもそのように名乗ることがルール化されています。徹底できず、ご迷惑をおかけした皆様におわび申し上げます」

と同様に陳謝している。これは、金氏のような外部受託研究プロジェクトに関係するポストの場合、対外的には11年度から「『特任』准教授」と名乗る決まりになっていたことを指す。なお、11年度に限っては移行期間として、単に「准教授」と名乗ることも認められていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中