2019年 8月 20日 (火)

五輪選手村にコンドーム15万個 それでも夜毎の「祭典」で品切れか

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   ロンドン五輪をめぐる「夜の競技」がにわかに現地メディアの紙面を賑わせている。五輪が行われるたびに、大手コンドームメーカーが選手村に数万個単位でコンドームを無料で届けている。ロンドン五輪は北京と比べても大幅に数を増やしているが、それでも「品切れ」の可能性があるというのだ。

北京五輪金メダリストが暴露「70~75%がセックスしていた」

   米スポーツ専門局のESPNが2012年8月7月中旬に報じたところによると、主催者側がコンドームを大量に配りだしたと最初に報じられたのが1992年のバルセロナ五輪の時。00年のシドニー五輪では7万個を用意したが、それでも足りずに2万個を追加という。それ以降は、五輪ごとに10万個が発注されているという。

   これらのコンドームを無料で届けているのは、コンドーム製造・販売最大手の英デュレックス社。世界のコンドームの4分の1程度のシェアを持っているとされる。コンドームの配布は、オリンピックの公式スポンサーではない同社が知名度を上げるための策だとみられている。

   このESPNの記事では、08年の北京五輪で金メダルを獲得した米女子サッカー代表チームでゴールキーパーを務めたホープ・ソロさんは、

「五輪参加選手のうち70~75%がセックスしていた」
「規律がなければ、選手村は『巨大な気晴らしの場』になってしまう」

と証言。米自転車女子銅メダリストのジル・キントナーさんは

「イタリア人が特に開放的で、ドアも開いたままだった」

と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中