2019年 2月 23日 (土)

水樹奈々コンサートが「オタ芸」で荒らされる 規制の対象「DD」とは何者だ?

印刷
ファンケル マイルドクレンジングオイル初回500円モニター購入

   NHK紅白歌合戦に3年連続出場中の声優の水樹奈々さん(32)は、今や東京ドームや日本武道館でワンマンライブを開催できるほどの人気だ。ところが、最近のファンの中には、会場で独特の踊りや声援を送る「オタ芸」などを披露する人が増え、せっかくのライブが「荒らされる」結果になっているという。

   そのため、声優の所属事務所やイベンターは、コンサートを観覧する際の規制を強化していて、昔からのファンからは歓迎されているのだが、新規のファンからは「締め付けが厳しくて楽しめない」「俺たちを排除する気か」などといった不満が漏れている。

「ライブやイベント参加をお断りする事もあります」

   水樹奈々さんの公式ホームページには2012年8月1日付けで「いつも水樹奈々を応援してくださっている皆様へ」という告知が掲載された。

   ライブに来ている全員が笑顔で過ごせるように「ご協力・ご配慮・ご遠慮頂きたい」とし、迷惑なる行為があった場合は公演中でもライブスタッフが声を掛け、同意してもらえなかったり、改善がなされなかった場合には

「退場して頂く事や、今後のライブやイベント参加をお断りする事もあります」

とした。

   大人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の長門有希役や「みなみけ」の南千秋役で知られる茅原実里さんのコンサートツアーでは、12年春にかなり細かい規制が発表された。腕を振り回したり、上半身を反らすなどの「オタ芸」は一切禁止。他の客の観覧の妨げになる手拍子の禁止。ペンライトやサイリュウムを持つのは片手に一本で、サイリュウムは改造したものや、25センチを超えるものは持ち込まない、などというものがあり、事故につながる危険な場合は公演一時中断か中止にすると書かれている。

   ネットではこうした規制は厳しすぎるし、コンサートを盛り上げられない、などと一部で不満が噴出した。

   一方で、こうした規制は大歓迎であり、そうしなければコンサートが益々荒らされることになる、と心配するファンも多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中