2018年 7月 23日 (月)

韓国政界、「竹島」の昔の発言で泥仕合 朴正煕元大統領が「爆破したい」と言っていた

印刷

   日韓両国が領有権を主張している竹島(韓国名・独島)が、韓国の次期大統領選に思わぬ影を落としている。日本と韓国の国交が正常化した1965年に大統領だった朴正煕(パク・チョンヒ)氏が竹島を「爆破したい」と語ったとして、朴大統領の長女で与党「セヌリ党」の公認が最有力視される朴槿恵(パク・クネ)氏への攻撃が相次いでいるのだ。この発言が明らかにされたのは8年以上も前。いまごろ蒸し返された形で、泥仕合の様相を呈している。

発言は04年には報じられていた

news142874_pho01.jpg

   今回問題とされている発言は、日韓国交正常化を前にした65年、ディーン・ラスク米国務長官(当時)が日韓の仲裁を目的に朴正煕氏と会談した際、朴正煕氏が

「小さなことだとはいえ、腹が立つ問題のひとつが竹島問題。解決のため、島を爆破したい」

と語った、というもの。ラスク長官は「所属をあいまいにしてはどうか」などと提案したという。この発言は米国立公文書館に保管されている外交文書に記録されており、発言内容は2004年6月には韓国メディアで広く報じられていた。

   ところが、最大野党の民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)議員が12年8月2日になって、発言を蒸し返したのだ。韓国では、日本と妥協・譲歩することはマイナス評価に繋がりやすいことから、文議員には朴槿恵議員を攻撃する狙いがある。

   朴議員側は

「発言は日本側がしたものだ」

などと反論。謝罪を要求したが、文議員側は上記の外交文書をもとに再反論。朴議員側も、「爆破」発言を認めざるを得なくなった。

日本側も「爆破してしまえば問題はなくなる」と発言

   ただし、朴議員側の主張も一理あると言える。韓国政府が公開した外交文書によれは、1962年に行われた日韓の折衝で、伊関佑二郎・日本外務省アジア局長(当時)が

「竹島は無価値だ。日比谷公園と同じくらいの大きさなのだから、爆破してしまえば問題はなくなる」

と発言したとされている。この外交文書が公開されたのは05年のことで、公開当時には日韓のメディアでも発言の内容が伝えられている。つまり両陣営ともに7~8年も前に公開された文書を根拠に、40年以上も前の発言をめぐって攻撃しあっていることになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中