2019年 10月 16日 (水)

WBC参加は暗礁、室伏のIOC選手委員取り消し… スポーツ界でも「外交オンチ」露呈する日本

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本のWBC(ワールドベースボール・クラシック)出場は暗礁に乗り上げた格好である。野球だけでなく、オリンピック中にも信じがたい状況を生み出すなど、日本はスポーツ界でも「外交オンチ」らしい。

   WBC参加の条件整備のため、NPB(日本野球機構)の国際関係委員長を務める日本ハムの島田利正球団社長は2012年8月13日、ニューヨークで主催者側に条件の緩和を申し入れたが、あえなく追い返された。条件の中心は収入の分配アップである。

それでも出てこない「元駐米大使」コミッショナー

「従来通りで行う。変更はありえないし、今後もない」

   会談後のMLBアジアのジム・スモール副社長の言葉だ。内容は「厳しいもの」(島田社長)で、次の交渉はない、と言われたらしい。

   昨年12月、NPBは13年の第3回WBC参加を表明。今年になって選手会が分配金を考慮しなければ参加しないことを決めた。前回、大リーグ側の18億円に対し、日本は2億円の分配だったそうである。日本からのスポンサー料の多さから判断してあまりにも不公平というのが言い分だった。

   いずれにせよ、NPBが選手会ときっちり話をまとめていなかったための失態である。スモール副社長から「NPBと選手会の問題ではないか。しっかりと解決してほしい」とトラブルの核心を突いた言葉もあった。

   NPBは島田社長に一任の措置をとったのだが、駐米大使の経歴を持つ加藤良三コミッショナーはここでも先頭に立たないのは不思議としかいいようがない。お膳立てしてもらい、最後に出ていこうというのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中