2019年 1月 18日 (金)

急加速円安、いいことばかりではない 1ドル100円超えると物価に影響?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   円の下落が止まらない。2013年1月11日の東京外国為替市場の円相場は一時、1ドル89円35銭と、2010年6月29日以来、約2年半ぶりの円安ドル高水準。もう、90円は目前だ。

   この日は、対ユーロでも一時1ユーロ118円58銭と、11年5月5日以来1年8か月ぶりの円安ユーロ高となった。

株価や金は上昇中

   「いまの政府には、85円でも『円高』という感覚なのでしょう」――。みずほコーポレート銀行の国際為替部マーケット・エコノミスト、唐鎌大輔氏はそう話す。

   安倍首相が「大胆な金融緩和」をぶち上げてからというもの、円は一本調子で下落。「予想より速いペース」で、1ドル90円を目前に迫った。「年明けに一時(円高に)調整されるかな、という機会があったのですが、すぐ円安に戻りました。それだけ政府のスタンスが強いとの表れで、おそらく80円台後半は維持したいのでしょう」とみている。

   2013年1月11日の円相場は、17時時点で前日17時に比べて74銭の円安ドル高の1ドル89円02~03銭近辺で推移。同日発表された貿易統計で、12年11月の経常収支と12月上中旬の貿易収支が赤字だったことや、政府の「緊急経済対策」が発表され、安倍首相が記者会見で「デフレと円高からの脱却に、政府・日銀の連携が不可欠」などと述べたことが伝わり、「円売りドル買い」が加速した。

   円安はいまのところ、株価を引き上げる「よい円安」が続いている。同日の東京株式市場は日経平均株価が続伸。一時、前日比177円79銭高の1万830円43銭まで上昇して、年初来高値を更新した。取引時間中に1万800円台に乗せるのは1年10か月ぶりのこと。終値は148円93銭高の1万801円57銭で引けた。

   前日の米国での株高と、一段と進んだ円安を好感した「買い相場」を押し上げた。トヨタ自動車やホンダなどの自動車株、シャープ、パナソニックの電機株など、円高で苦しんできた輸出関連企業の頬もだいぶ緩んできた。

   商船三井などの海運株などが買われ、金融緩和で恩恵を受けやすいとされる銀行株も軒並み上昇した。

   一方、金の小売価格も、じつに32年4か月ぶりの高値をつけた。金地金などを販売する田中貴金属工業によると、1月11日の小売価格は前日比109円高い、1グラムあたり5067円。金の国際価格は高値圏にある。加えて、ここ数年の円高基調で日本は海外ほど金価格が上昇した「実感」が乏しかった。それが約2年半ぶりの円安水準で、円建ての国内価格が大幅に押し上げられたというわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中