2018年 6月 23日 (土)

ペットボトル版レッドブルが回収騒ぎ 「まだ飲んでないのに!」ファンは悲鳴

印刷

   人気のエナジードリンク、レッドブルのペットボトル版「Red Bull ENERGY DRINK 330ml PET」の販売が中止になったという話がツイッターなどで流れ、レッドブルファンの間では大騒ぎとなった。

   2013年6月4日に発売したばかりの商品だが、賞味期限の表示に問題があったためだった。レッドブル・ジャパンは14日から自主回収を進めている。

突然の回収に陳列棚が空いたままのコンビニも

自主回収となった「Red Bull ENERGY DRINK 330ml PET」
自主回収となった「Red Bull ENERGY DRINK 330ml PET」

   騒動がツイッター上で広まったのは6月14日。大阪のコンビニで働くスタッフだと名乗るツイッターが「レッドブル330ml。賞味期限の表示がヨーロッパ表示だった事が判明。日本では販売不可となっている為、店頭撤去となりました。当商品は期間限定の為再販いたしません」と書いたためだ。

   レッドブルを販売するレッドブル・ジャパンからの発表がなかったため、このツイートが言わば準公式のように拡散された。

   都内にある複数のコンビニを訪ねると、すでにすべての店舗でペットボトル版レッドブルの回収が行われていた。回収作業が行われたばかりらしく、店によってはまだ陳列棚が空いたままとなっている。

   スタッフに話を聞くと14日の晩に通知があり、その日のうちに業者が回収に来たという。客からの問い合わせはまだないとしたが、売れ行きも好調だっただけに残念だと話した。

   ツイッター上では「撤去されてて泣きたい。まだ2本しか飲んでねーよ…」「発売中止と聞いて近所のコンビニに走ったが遅かった。飲んでない…」などファンの悲しみの声があふれた。なかには「ペットボトルレッドブルはもう7本飲んだ!悔いはない!」という熱狂的なマニアのツイートも見られたが、多くの人がありつけなかったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中