2019年 12月 15日 (日)

韓国・観光業者が悲鳴「日本人戻って!」 日本との関係改善働きかけるロビー活動も

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   訪韓日本人旅行者が激減し、韓国の観光業者らが悲鳴をあげている。「韓流ブーム」を追い風に、2012年3月には単月ベースでは36万人と過去最高になった日本人旅行者だが、島根県・竹島をめぐる日韓関係の悪化を受けて、12年9月以降は前年割れが続いている。

   これまで日本人旅行者によって潤っていたホテルや免税店、デパートなどは大きなダメージを受けていて、地元メディアは多くの旅行会社などが経営難に陥っていると伝えている。

竹島、北朝鮮…「近くていつでも行ける」がかえってアダに

韓国を訪れる日本人旅行者が減っている(写真は、韓国観光公社のホームページ)
韓国を訪れる日本人旅行者が減っている(写真は、韓国観光公社のホームページ)

   日本政府観光局によると、2013年4月の日本人出国者数は前年同月に比べて12.3%減の123万7000人で、3か月連続で前年を下回った。JTB総合研究所の磯貝政弘・主席研究員は「減少の要因は中国と韓国への旅行者の減少によるものが大きい」と話す。

   このうち訪韓日本人旅行者は20万2529人で、前年同月に比べて32.2%減となった。

   また、聯合ニュースなどによると、韓国文化体育観光部がまとめた2013年の日本のゴールデンウイーク期間(4月27日~5月6日)の訪韓日本人旅行者は10万1924人で、前年同期に比べて14.5%減と振るわなかった。

   磯貝氏は、「正直、(減少傾向が)これほど長引くとは思っていませんでした」と話す。韓国の李明博前大統領が島根県の竹島に上陸した12年8月以降、日韓関係が悪化して韓国内で反日デモが行われるなど深刻化。その後も円安や北朝鮮の挑発による緊張化、最近では従軍慰安婦問題などが再燃するなどで、日韓関係は一向に改善されない。

   「近くて、いつでも行けることがかえってアダになっていて、関係が悪いときに無理して行くことはない、との判断が働いているようです」と、磯貝氏はみている。

   JTB総研が毎年4月に実施している調査でも、「韓国は行ってみたい国に、毎年ベスト10の中位くらいなのですが、今年はベスト10圏内の下位に後退しました」という。

   大手旅行会社のJTBがまとめた夏休み期間中(7月15日~8月31日)の訪韓日本人旅行者は34万3000人と、前年同期に比べて24.8%減の見通し。日本人の「韓国離れ」は、いぜん歯止めがかからない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中