2019年 10月 19日 (土)

仏紙が「放射能汚染五輪」風刺画 日本政府は「大変遺憾」と抗議へ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   フランスの著名紙が東京で開催が決まった2020年夏季五輪と東京電力福島第1原発とを関連づけた風刺画を掲載し、波紋を広げている。汚染水問題の解決の糸口が見えないままに2020年夏季五輪の開催が東京に決まったことに対する国外の不信感の表れだとも言えそうだが、日本政府は「誤った印象を与える不適切な報道であって、大変遺憾」と怒り心頭。正式に抗議する考えだ。

手や足が3本ある人物同士が土俵上で向かい合う

フランスのニュース雑誌も風刺画の問題を報じている
フランスのニュース雑誌も風刺画の問題を報じている

   掲載された風刺画2枚のうち1枚は、福島第1原発とみられる建物を背景に、手が3本ある人物と足が3本ある人物とが土俵上で向かい合う、という内容。土俵を囲む形で防護服姿の観客2人が、あぐらをかいて座っている。脇にはテレビレポーター風の男性がマイクを持って

「不思議だ、福島のおかげで相撲が五輪種目になった」

と話している。原発の影響で人体に影響が出ると言いたげな内容だ。

   もう1枚は、放射線マーク入りの防護服姿の人物2人が、線量計を持ってプールサイドに立っている、という内容だ。タイトルには

「五輪の水泳プールは、すでに福島にできている」

とある。燃料の取り出しが難航している4号機の使用済み核燃料プールの状況を皮肉っている可能性もある。

   風刺画を掲載したのは、フランス最古の週刊紙のひとつに数えられる「カナール・アンシェネ」13年9月11日付け。政府中枢からのリークをもとにした調査報道以外に、独特のユーモアや風刺でも定評がある。

   だが、米タイム誌と並び称されるニュース週刊誌のエクスプレス誌は、ウェブサイトに掲載した記事で今回の問題を報じる中で、

「このようなフランスのユーモアは、日本人の好みには全く合わないようだ」

と日本とフランスの受け止め方の違いを指摘しており、フランスでも日本側の反発を予想する向きもあるようだ。

   同誌がその一例として挙げたのが、12年10月に国営テレビ「フランス2」が放送したバラエティー番組「オン・ネパ・クシェ」。この番組では、サッカー日本代表GKを務めている川島永嗣選手の腕が4本ある合成写真を放映し、司会者が「福島の影響では」と発言。日本大使館が抗議し、テレビ局とファビウス外相が「申し訳ない」と謝罪している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中