2018年 10月 23日 (火)

やなせたかしさん訃報で各界から哀悼ツイート 「アンパンマンのサイン好きに描いていいよって…」(西原理恵子)

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   国民的キャラクター「アンパンマン」を世に送り出したやなせたかしさんが2013年10月13日、94歳で亡くなった。

   偉大な漫画家の死去に多くの人が哀悼の意を寄せ、ツイッターでは一時「ご冥福をお祈りします」という文章がトレンド入りした。生前やなせさんと仕事を共にした業界人や、アンパンマンファンのタレントも、やなせさんの訃報に触れたツイートを投稿している。

つるの剛士「アンパンマンは永遠のヒーロー」

   アニメ「それいけ!アンパンマン」で1992年からメロンパンナ役を担当している声優のかないみかさんは、やなせさん直筆のメッセージとアンパンマンのイラストと共に「やなせ先生ありがとうございました。」「大好きです。。。」と言葉を贈った。

   親交の深かった漫画家・手塚治虫さんの娘、手塚るみ子さんは、「父亡き後、やなせ先生には沢山のことで励まし力になって頂きました。初めてプロデュースした『私のアトム展』ではアトムとアンパンマンのコラボを描いて下さいました。本当にありがとうございました。心よりご冥福をお祈り申し上げます」と思い出をつづっている。

   漫画家の西原理恵子さんは「あ、西原さん、アンパンマンのサイン好きに描いていいよ。ボクも売れない時、ドラえもんのサイン描いてたから」と言われたというエピソードを明かした。

   その他、「アンパンマンはもちろん、以前の作品、イラスト、昔の絵画集、、とても大好きでした。やなせたかし先生のご冥福を心から御祈りいたします。アンパンマンはこれからもチビッコ達の永遠のヒーローです」(つるの剛士さん)、「やなせさんの絵本で『やさしいライオン』というお話が、子供の頃泣けて泣けて、今でもそれをふと思い出したりします。ご冥福をお祈りします」(鈴木砂羽さん)など、芸能界のやなせさんファンからも追悼の声が上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...