ユニクロ、控訴 文藝春秋との裁判で

印刷

   ユニクロの長時間労働などを取り上げた週刊文春記事と単行本『ユニクロ帝国の光と影』をめぐって文藝春秋を訴え、一審敗訴の判決を受けたファーストリテイリングとユニクロは2013年10月29日、不服として東京高裁に控訴した。労働環境をめぐる記述などが、「不自然なほどきわめて限定的に事実であると認定」されたなどと主張している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中