2018年 7月 21日 (土)

「夕食は和食」派が増加 日清オイリオ調査

印刷

   日清オイリオグループの生活科学研究室は2013年11月8日、「わが家の夕食メニューの変化」についての調査結果を発表した。

   10年前と比べて夕食でこだわるようになったポイントは、「栄養バランスやカロリーなどに配慮すること」が53%で最も多く、「量」(44%)、「調理時間を短くすること」(43%)が続いた。

   「10年前と比べて、和食/洋食を作る頻度はどうなったか」という質問には、和食が「増えた」と回答した人が46%で、「減った」の6%を大きく上回った。一方洋食は「増えた」が13%、「減った」が32%だった。

   和食が増えた理由(複数回答)は、「健康的だから」が72%で最も多く、次いで「カロリーが低いから」(46%)、「味の好みが変わったから」(39%)だった。洋食が減った理由は「カロリーが高いから」(67%)、「味の好みが変わったから」(43%)、「健康的ではないから」(19%)と続き、消費者の健康意識が高まっていることが明らかになった。

   調査は13年8月9日から11日まで、全国の20~60代の女性を対象にインターネットで行われ、1199サンプルを得た。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中