英ガーディアン紙編集長「通信傍受報道で国の安全損なっていない」

印刷

   英紙「ガーディアン」編集長のアラン・ラスブリッジャー編集長は現地時間2013年12月3日、英議会の内務特別委員会に出席し、同紙が米中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデン氏のインタビューをもとに米英の情報機関による通信傍受の実態を報じたことについて証言した。

   ラスブリッジャー編集長は「入手した機密文書のうち、報道したのは1%だけだ」と主張。スクープにより国の安全が脅かされているとの指摘については、「批判はあいまいで、具体的な話に基づいていない。政府関係者から、損害が出たという話は聞いていない」と反論した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中