2019年 7月 20日 (土)

安全なはずの「App Store」に偽アプリ続々 「ピザーラ」「マツキヨ」「ツルハドラッグ」が被害

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   宅配ピザチェーン「ピザーラ」の偽iPhoneアプリが登場した。販売元欄には運営会社と関係のない名前が記されているため偽物と分かるが、ピザーラは公式アプリを持っていないため、勘違いする人も出てしまいそうだ。

   他に、ドラッグストアチェーンの「マツモトキヨシ」や「ツルハドラッグ」も同様の被害に遭っていることが分かり、それぞれダウンロードしないよう注意を呼びかけている。

販売者は謎の人物「hong bo zhou」

ピザーラの偽アプリが登場(画像はApp Store内のスクリーンショット)
ピザーラの偽アプリが登場(画像はApp Store内のスクリーンショット)

   ピザーラは2014年1月14日、無断で制作されたiPhoneアプリが「App Store」内で配信されていることを公式サイトで報告した。アプリ名は「pizza-la For iPhone」。1月9日に更新された記録が残っている。一見すると公式アプリのようだが、販売元欄には「ピザーラ」や事業本部の「フォーシーズ」の名前はなく、かわりに「hong bo zhou」という中国系と思われる人名が書かれている。トップ画像の中にある「P」のマークの解像度も低く、少し注意してみれば偽物だとすぐに分かる。

   記者が実際にダウンロードして起動してみたところ、「ホームページ」「キャンペーン」「企業概要」「新規会員登録」という4つの選択肢が表示されたが、どれを選んでも表示されるのは公式サイト内の画面だ。単純に、アプリ内から公式サイトに接続しているだけらしい。アプリ用の便利なコンテンツは一切なく、かわりに「企業概要」のボタンはわざわざ設置するなど、不自然な点が目立つ。

   実際に会員登録や注文もできるようだが、どこかに通信を中継されている可能性もある。ピザーラは「お客様情報の安全性が確認できていない」として、アプリのダウンロード、およびアプリ経由の注文や会員登録をしないよう呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中