ATS破壊のJR北海道元運転士を逮捕 北海道警

印刷

   JR北海道は2014年1月30日、JR北海道の元運転士、小林忍容疑者(33)を器物損壊容疑で逮捕した。小林容疑者は13年9月7日、札幌市手稲区の札幌運転所で、寝台特急「北斗星」の機関車の運転席に設置された自動列車停止装置(ATS)のスイッチをハンマーで叩くなどして壊した疑いが持たれている。小林容疑者は容疑を認めているという。

   小林容疑者は列車を動かす際、ATSの設定を確認しなかったことが原因で非常ブレーキを誤作動させていた。小林容疑者はJR北海道の社内調査に対して、ミスを隠すために犯行に及んだことを認めていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中