2019年 7月 20日 (土)

仙台で「電子レシート」の実験始まる 全国初、「買い物革命」が起きるのか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   スーパーやコンビニなどで受け取る紙のレシートが消える日が、そう遠くないうちにやってきそうだ。

   仙台市内の「みやぎ生活協同組合」の21店舗で、紙のレシートの代わりにスマートフォンで購入商品をチェックする「電子レシート」の実証実験が2014年1月22日始まった。電子レシートの実証実験は全国で初めて。

会員証をレジにかざすだけ

   これまで紙のレシートは財布の中でかさばるだけで、有効活用されることが少なかった。電子レシートが実現すると、紙を節約できるだけでなく、「買い物履歴のデータ化で家計簿管理が楽になる」ほか、これまで紙のレシートに印刷されていた値引きのクーポン券などもスマホで利用できる可能性があり、買い物の利便性が飛躍的に高まるという。

   全国初の実証実験は、みやぎ生協が所属する「生活協同組合連合会コープ東北サンネット事業連合」(コープ東北サンネット)と東芝テック、博報堂が共同で3月25日まで行う。東芝テックが購入商品の明細を電子化し、買い物客が自分のスマホで検索できる電子レシートシステムを開発し、特許を取得した。

   電子レシートは、スーパーなどに会員登録した客が専用のアプリをスマホにダウンロードしたうえで、会員証をレジにかざすと店で購入した商品の記録がスマホに送られるという仕組みだ。客は紙のレシートを受け取らなくても、買い物の履歴をスマホで見ることができ、データとして保存、整理できるため、家計簿の管理などに活用できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中