ASKA容疑者「覚醒剤ではなくアンナカだと思っていた」 容疑を依然否認

印刷

   覚醒剤所持で逮捕されたASKA容疑者(56)が、覚醒剤について「アンナカだと思っていた」と供述していると、マスコミ各社が2014年5月20日に報じた。依然として、容疑について否認している状況だ。

   アンナカとは、安息香酸ナトリウムカフェインという薬物の略称で、眠気や倦怠感を止める効果があるとされている。報道によると、ASKA容疑者は、薬物について、「暴力団関係者から手に入れた」とも供述しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中