2019年 6月 19日 (水)

駅員への暴力「60代以上」がトップ 結果にネットでは「納得」の声

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2013年度に起きた鉄道係員への暴力行為で、「60代以上」の加害者が最多となった。50代の加害者とあわせると43%以上にものぼる。

   この結果に、ネット上では「納得」との声が多い。ツイッターでは「空港や駅でキレて騒いでいるのって、圧倒的に50~60代」との声もあり、鉄道以外でも60代による暴行・傷害事件は増えている。

「確かに駅トラブルは、オッサン多いかも」

暴力行為は「深夜」が多い(画像はイメージ)
暴力行為は「深夜」が多い(画像はイメージ)

   JR3社や日本民営鉄道協会らは2014年7月7日、13年度の「鉄道係員に対する暴力行為の件数・発生状況について」の統計を発表した。これは全国29の鉄道事業者で1年間に発生した暴力行為をまとめたものだ。

   13年度に発生した鉄道係員(駅員や乗務員など)への暴力行為は760件だった。過去最多だった11年度の911件から、12年度の828件、そして今年と、着実に暴力行為は減少している。発生件数が多いのは月別では7月、曜日では土曜日、時間帯では深夜(22時~5時)だった。加害者の飲酒の有無は「飲酒あり」が57.1%で、11年度の57.7%、12年度の59.8%とほぼ横ばいだ。発生場所の統計では改札(39.7%)、ホーム(30.3%)、車内(16.2%)と続く。

   加害者の年齢は「60代以上」が23.4%で、5年連続のトップとなった。ここ数年19~20%を行き来していたため、割合としては微増となる。2位の「50代」も前年度から2%増えた。両者をあわせると、中高年による暴力行為は43.4%にのぼる。

   年配者によるトラブルは、日常でもよく見かけられるようだ。ツイッターでは今回の調査結果について、

「確かに駅トラブルは、オッサン多いかも」
「分かりきってることじゃないの。駅とか電車内でマナーが悪いのは、50代60代あたり。混んでるエレベーターでも、我先に降りようとしたりね」
「空港や駅でキレて騒いでいるのって、圧倒的に50~60代が多いと思う。10~20代の若者は多少騒いだりすることがあっても、基本的にマナーがいい」
といった感想が出ている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中