昭和天皇実録の公開スタート

印刷

   宮内庁は2014年9月9日、昭和天皇実録(写し)の特別閲覧を開始した。皇居内書陵部庁舎(東京・千代田区)の地階臨時閲覧室で、11月30日(予定)まで実施する。

   昭和天皇実録(副本)も公開されるが、展示ケースに入れられ、閲覧はできない。

   誰でも閲覧できるが、1日7回(11月は6回)に時間を区切り、火曜日から木曜日(休日を除く)は各回12人、土日休日は18人の定員とする。希望者は、閲覧当日の9時過ぎから皇居東御苑内書陵部庁舎前で配布する整理券が必要。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中