2018年 10月 16日 (火)

キリン「淡麗プラチナダブル」が100万ケース突破

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   キリンは2014年10月10日、発泡酒「淡麗プラチナダブル」が発売後1カ月で100万ケースを販売したと発表した。

   「淡麗プラチナダブル」は、「プリン体0.00×糖質0」をセールスポイントにして9月2日に発売された。こうした発泡酒は「機能系ビール」などと呼ばれている。市場調査のインテージによれば、健康志向の高まりなどを背景に売れ行きが好調で、14年7‐9月の機能系発泡酒の市場規模は前年比約25%増になっている。

   従来のメインターゲット40~60代男性だけでなく30代男性や女性も高い購入率になっているという。発泡酒市場が2014年1月~9月で12年ぶりのプラスに転じているのは「プリン体0」を謳った発泡酒の売れ行きが好調なためだ。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...