「オバマ大統領は18貫を完食」 「すきやばし次郎」、特派員協会で明かす

印刷

   東京・銀座の高級すし店「すきやばし次郎」の小野二郎さん(89)が2014年11月4日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演した。二郎さんは、マグロの乱獲などで水産物の安定確保が危ぶまれていることを念頭に、「将来、現在の材料ですしを(握ることが)できるということは、まったく考えられない」と述べ、すしの形は将来的に変化せざるを得ないという見通しを示した。

   「次郎」は、14年4月の米オバマ大統領の来日時に安倍晋三首相と非公式の食事会が開かれた店としても広く知られている。実際に店を切り盛りする長男の禎一(よしかず)さんは「お出ししたものは全部召し上がっていただいた」などと話し、「2貫しか食べなかった」「半分残した」といった報道を強く否定した。

将来的には国産マグロだけでは店の食材をまかなえなくなる?

日本外国特派員協会で講演する「すきやばし次郎」の小野二郎さん
日本外国特派員協会で講演する「すきやばし次郎」の小野二郎さん

   二郎さんは、店舗で使用している食材の安定供給が今後は難しくなるとの見方を示した。

「3年ほど前に『あと5年経ったら材料が全部変わってくるだろう』ということを若い者に言っていた。それが今、じょじょに現実になっていくような気がする。将来、現在の材料ですしを(握ることが)できるということは、まったく考えられない」

   特に国産マグロの供給が減少しつつあることについては、

「これは事実だと思う。そのくらい今はマグロは少なくなっている。自分のいいのだけ狙っていても、なかなか手に入らないと思う」

と述べた。将来的には輸入マグロや養殖マグロも活用せざるを得ないとみているようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中