2021年 9月 21日 (火)

すき家「牛すき鍋定食」再開の不安 アルバイトの「反乱」は起きないのか

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   牛丼チェーンのすき家は「牛すき鍋定食」の販売を再開する方向のようだ。ゼンショーから正式発表はされていないが、すでに一部店舗では先行販売の形でメニューに導入されている。

   このメニューは従業員の負担が大きく、ボイコットを引き起こす一因となった。ネット上には、早くも従業員の悲鳴が上がっている。

「鍋の乱はじまってます」

一部店舗で先行販売されている
一部店舗で先行販売されている

   「牛すき鍋定食」は、ライバル吉野家が販売した「牛すき鍋膳」を追いかける形で2014年1月に販売が開始された。しかし、仕込みや調理など作業が多く、昼食などピーク時には店内で混乱を起こす原因になった。一部のアルバイトはわざと休むなどしてシフトに穴を空け、「鍋の乱」と言われるボイコットを呼びかける事態にまで発展した。

   ワンオペ(一人勤務)騒動で労働環境改善のため立ち上げられた第3者委員会の報告でも、「クルーや現場社員のサービス残業・長時間労働が増加し、現場は疲弊した」と指摘を受けた。

   販売再開については10月末に2ちゃんねるの掲示板で、「やっぱり鍋やるんじゃねーか」「鍋やるとか馬鹿じゃねーのか」といった、従業員らによる書き込みがあった。発売日について「鍋は先行導入10日 通常27日からです」と具体的な書き込みもある。実際に記者が回った都内数店舗のうち1店舗で、14時から翌5時までの時間限定で販売されていた。

   一部従業員には前回のトラウマがよみがえったのか、早くも、

「大学忙しくなるから今年度いっぱいでやめるつもりだったけど鍋やるなら今月いっぱいでやめるわ」
「鍋開始の27日は休むよ」
「今月末から全国展開ってことでいいのか?そしたらもう来週から全部有給使ってそのまま辞めるんだが」

といった声が出ている。さらには「鍋の乱はじまってます 鍋開始日のシフトが全穴」という書き込みもあるほどだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中