2018年 7月 23日 (月)

駐韓日本大使襲撃犯が代表の団体に事件後も補助金支出 韓国は一体何を考えているのか

印刷

   マーク・リッパート駐韓米国大使を襲撃して大けがを負わせた金基宗(キム・ギジョン)容疑者が代表を務めている団体に、韓国政府が継続的に補助金を出していたことが明らかになった。

   金容疑者は2010年7月、駐韓日本大使に対してコンクリート片を投げつけて有罪判決を受けているが、その後も補助金を支出したり、公的施設を無料で使わせたりするなどして、支援をしていた。

   韓国政府の「身体検査」の能力が問われるのはもちろん、こういった補助金が、結果的に米大使襲撃の手助けをしたという批判も出そうだ。

  • 2010年の日本大使襲撃事件後も補助金は主出されていた(写真は日本大使襲撃事件の様子、ユーチューブのMBCチャンネルより)
    2010年の日本大使襲撃事件後も補助金は主出されていた(写真は日本大使襲撃事件の様子、ユーチューブのMBCチャンネルより)

北朝鮮の影人形劇公演に対して支出

   朝鮮日報やKBSテレビによると、補助金の支出は文化体育観光部(日本の「省」にあたる)が2015年3月16日に与党・セヌリ党のパク・デチュル議員に提出した資料で明らかになった。

   補助金を受けていたのは、「私たちの庭」を意味する「ウリマダン」という団体。「ウリマダン」は、過激な反米・反日活動を展開する一方で、北朝鮮に理解を示す活動も展開。その中には一見学術的に見えるイベントもあり、そこに補助金が支出されていた。総額は3200万ウォン(約344万円)に及ぶ。

   内訳を見ると、「ウリマダン」が00年から08年にわたって開いた伝統芸能「曼碩僧舞(マンソクチュンノリ)」の公演全4回に対して計2900万ウォン(約312万円)を支出。曼碩僧舞は、北朝鮮南部の開城(ケソン)地域で1920年代まで仏教の布教を目的に上演されていた影人形劇だ。金容疑者は06年から07年にかけて、植樹を目的に開城を8回も訪問したことが知られている。

米大使襲撃を殺人未遂で立件できるかが焦点

   11年には関連団体の「映画振興委員会」が、やはり「ウリマダン」主催の公演に対して300万ウォン(約23万円)を支出していた。

   これに加えて、同委員会は、12年から14年にかけて、「ウリマダン」が開く学術イベントに「ソウル映像メディアセンター」を無償で貸し出し、後援名義の使用も認めていた。

   金容疑者は2010年7月、ソウルの講演会会場で重家俊範・駐韓日本大使(当時)にコンクリート片2つを投げつけ、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けている。事件後も、韓国政府は「ウリマダン」への支援を漫然と続けていたことになる。

   現時点でも金容疑者の取り調べは継続中だ。聯合ニュースによると、検察は金容疑者のメール、通話履歴、資金の流れを調べる一方で、リッパート大使の傷の状態を手術記録などから鑑定するように法医学者に依頼している。金容疑者に殺意があったと判断されれば、殺人未遂の罪で立件したい考えだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中