村山・小泉談話の「キーワード」、「もう一度書く必要ない」 安倍首相が表明

印刷

   安倍晋三首相は2015年4月20日夜、BSフジの「プライムニュース」に出演し、15年夏に戦後70年の節目として出す「安倍談話」に1995年の村山談話や2005年の小泉談話に含まれていた「植民地支配」「心からのお詫び」といった文言を盛り込む可能性について

「同じ言葉を入れるのであれば、談話を出す必要はないじゃないですか」

と述べ、否定的な考えを示した。

   政府は、「安倍談話」の内容は村山談話と小泉談話を「全体と引き継ぐ」と繰り返し表明している。安倍首相はこういった点を念頭に、

「引き継いでいくと言っている以上、もう一度書く必要は私はないと思う」

と強調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中